月: 2022年4月

髪のボリュームの変化

小さい頃から毛量が多く、毎回美容院に行く度に増えましたねー!とか。

ベルタシャンプー

新しい美容院に行っても、まずは多いですねと言われてきました。それお客様に言っていいの?って思うレベルで言われた事もありました。

髪を切りに行くというよりも、髪の量を減らしに行っていると言ってもいいくらいです。

少し行かないと量が増えて、髪をポニーテールにしてると時間と共に重さで下がってくるほど。酷いと首や肩が凝ってる感覚にもなったりします。

妊娠して、授乳をし始めて数ヶ月経った時、ホルモンバランスの影響なのか、髪を洗う度にごそっと抜け落ちる日が続きました。排水溝大丈夫かな?と思うくらいでした。

さすがにこれだけ抜けたら、元々多い私の髪の量も普通になるかな?と思っていましたが、授乳期も終わって落ち着く頃にはボリュームもまた元通りになっちゃいました。

その分、髪質が悪くなっているのでサロンに行く時には高めのトリートメントコースをしてもらっています。

生まれた娘もまた私に似たのか髪が多いので、同じような悩みになるのかな?と今から心配してますが、多い髪は減らす事ができるし、少ないよりは良いと思って前向きに捉えているし、長年付き合ってきた自分の髪なので、これからも上手にカットしてもらいたいと思います。

めまぐるしい体重変化

初めての妊娠で、嬉しさのあまり、いつもよりもたくさん食べなくちゃ!つわりのときも食べれるものを食べなくちゃ!と必死だった私ですが、市からもらったパンフレットや産院で聞いた情報によれば、今の世の中、栄養がしっかり摂れているため、特に多く食事を摂る必要はないとか…。http://www.djembes.org/

気づけば、ひどいつわりがあったにも関わらず、妊娠後からどんどん増えていった私の体重。特にひどかったのは妊娠後期で、食べる量は増えてもないし、仕事はしているし、散歩もしているというのに、増える一方でした。

そこで、朝食は栄養が偏らないようシリアルなどに変更し、昼食はくだものとおにぎり、夕食は納豆など減らしてみましたが全く効果はなし。結局最後は約20キロの増加でした。

驚きなのは産後も全く減っていなかったこと!これには笑うしかなかったです。退院後は浮腫がひどく、なかなか減らずにいたのですが、1ヶ月後には約10キロ減り、3ヶ月で元の体重に戻りました。これにはホルモンバランスの変化なども関係しているとのことでしたが、めまぐるしい体重変化に驚きでした。

産後2年は母乳を飲ませたこともあり、元の体重より約10キロも減ったというのに、産後3年たつ今はもうすっかり元に戻って、むしろ筋肉もなくなり、ぷよぷよな身体に…。せめて筋肉だけは戻したいと思う今日この頃です。

20代後半になって気になり出したシミ

10代までは特に気にしたこともなかったシミ

20代後半になり、化粧をする度にシミをカバーするコンシーラーが欠かせなくなりました。シルクリスタ

10代の頃の私は、化粧をする時、若く綺麗な肌にファンデーションを厚塗りし、つけまつげを付け、チークはこってりと塗りたくるなど、とにかく濃いメイクをしていました。

そして、化粧を落とさずに寝ることや、日焼け止めクリームを塗らずに真夏に出かけることは当たり前のような10代でした。

20代後半になり、年相応のメイクをするようになり初めて自分の肌の汚さを気にするようになりました。
改めて気にしてみると、頬に付いたたくさんのシミ、、
気になり出すと止まらなくなりました。

それからというもの、お風呂上がりにはパックをし、美容液、化粧水、乳液を欠かさずするようになりましたが、10代の頃の代償は大きく、シミが消えることはありません。
あの頃ちゃんと紫外線対策をしていたら、、

学生の頃からしっかりと日焼け止めクリームを塗っていたら、、

という後悔は計り知れません。

美容皮膚科などでシミ取りをするお金はありませんし、高級なスキンケアを購入するし、それを継続するお金の余裕もありません。

お肌にとって一番大事なのは、日頃の積み重ねなのだな。と感じました。
10代の頃の私に言いたいです。
紫外線対策をしっかりして、化粧を落として寝てほしい。と。
それを徹底するだけも20代30代になった時の肌はかなり違うのかなと思います。

子供の肌のお手入れ

 子供の肌ってとても敏感ですよね。うすくてやわらかくて、ちょっとした刺激ですぐトラブルが起きてしまいます。よく「赤ちゃんのようなすべすべ肌」なんていわれていますが、実際はかぶれたりすぐ傷になったりでお手入れが欠かせません。

本音口コミ!プラステンアップαの効果的な飲み方や最安値通販情報などを紹介!

 かくいう我が子も、生後一か月ですでに皮膚科のお世話になるほどの敏感肌でした。お風呂上がりにはベビーローションを塗ったりしていたのですが、カラダを痒がるようになってしまったのです。私も主人も肌が弱く、遺伝かなと落ち込んでしまいました。

 皮膚科の先生曰く、子供はとにかく保湿!痒みもそこからきているとのことでした。そこで処方されたのがワセリンです。ひどいところにはお薬も塗っていますが、とにかくワセリンは有能でした。今でもお風呂上がりと朝、着替えのときにコッテリ塗っています。みたらし団子ぐらいコッテリと。ベタつくのでは?と思っていたのですが、体温で溶けて意外とすーっと馴染みます。ただ、汗をかくところにはNGです。夏も気をつけたほうがいいですね。汗とワセリンでかぶれてしまったことがありますから。

 少し成長した今では市販のクリームや乳液も試していますが、基本はワセリンです。乳液に混ぜたりすると伸ばしやすくて良いですよ。

 毎日のお手入れは大変ですが、主人と二人でなんとか頑張っています!