カテゴリー: 育毛

髪は多い方なのに、禿げが目立つ

20代前半からとある悩みに悩まされていました。ヘアージュ

そらは髪の毛が多いにも関わらず、禿げが目立つ事です。

何を言っているんだコイツ!?と思われるかも知れませんが、嘘偽りなく悩んでいました……

素直にいいます。現在進行形で、悩んでいます。

髪の毛が多いのに、禿げが目立つとは、単純に髪の毛が細いのが原因です。

そう、原因は分かっているんです!

髪の毛の伸びも速い方なのに髪の毛が細いせいで、頭の地肌が結構見えてしまって、周りの目がやたらに気になる事が非常に多く悩んでいます。

当時の仕事柄、帽子やヘルメットを被る職業に就いていたので、同僚に悟られることはあまりありませんでしたが、仕事が終わりいざ帽子を取ろうとすると、プレリードッグの如く警戒し、周りを見渡すのが日課になっていました。

誰か同僚が近くに来ると、直ぐに帽子を被り

「お疲れ様!今日は本当に疲れたねぇ~」なんて言いながら、適当にロッカーの中を整理しつつ、終わったら着替えて帰るから気にせずに先に帰ってオーラを無駄に発していました。

今にして思えば物凄い圧を、同僚にかけていた気がします。

それも転職したりして、仕事上帽子やヘルメットを必要としない仕事では、職場で上司の許可などを取り、ちょっとお洒落な帽子を買って被っていました。

禿げが気になったお陰で、帽子集めの趣味が出来たのは良いことでした……良いことなのかな?

でも最近とあるTV番組で”帽子を被るのは禿げの促進を速めます”と恐ろしい情報が出回っていて恐怖する今日この頃です。

朝起きると必ず髪の毛が爆発している

幼少期はとても綺麗な髪でさらさらしていたので自分の髪の毛が好きだったのですがある時から髪質が変わってしまった感じがありました。

評判どおり?ヘアージュを購入して使用した効果と口コミを暴露します!

さらさらの髪の毛は自分の妄想に過ぎなかったようにまとまりが消えていました。夜寝る前に整えているはずなのに朝起きると髪の毛が爆発していて髪の毛のセットだけでも時間がかかるほどです。元々髪の毛が太い、うねりがある、ストレートパーマをしているため痛んでいるといった髪の毛がかわいそうな状態です。

また髪の毛の量が元々多いため爆発しやすいようです。思いっきりすいてほしいと美容院ではお願いしていますがそれでも2.3週間もすれば髪の量は戻ってしまいます。

アレンジしたりすることはできますがクセがつきにくい直毛型ですのでうまく仕上がらないことがほとんどという始末です。いろんなシャンプーを試してきましたが試しすぎて自分に合ったものがどれなのか迷走してしまいました。女性は髪の毛が命とも呼ばれているため自分が持っている髪の毛の悩みが一日でも早く解決できたらいいなと思っています。特にひどいのが前髪のうねりです。ストレートパーマを当てて矯正していますがひどい時は鳥の巣になります。羨ましいほどのツルツルサラサラな髪の毛になりたいです。

シャンプーがきっかけの薄毛

私はお年頃の年齢に差し掛かった中学生の頃、松浦亜弥が桃色の片思いを歌いながら紹介するCMのシャンプーの可愛さに衝撃を受け虜になりました。

お母さんにねだり2種類の香りのうち好みの香りのシャンプーを買ってもらいその日から使い続けました。ヘアージュの口コミと本音

中学校に行くと、傍を通るといい香り、髪の綺麗な同級生が沢山おりクラスで特に綺麗な子を見ては私もあのシャンプーを使えば同じようになると信じていました。

ある日無知な私は、シャンプーと沢山頭皮につけて洗い更にリンスのすすぎを少なくすれば香りもよく残りツルサラになるのではと考え付いたのです。

翌日髪のべたつきも気にならない程度で気分よく登校しました。

その洗髪方法で1か月過ぎたころ頭皮に痒みを感じたので無意識の内によく掻いていました。

ある日友人から肩にフケが沢山ついていると指摘があり見るとすごい量でびっくりしました。

優しい友人だったので払ってくれましたがショックを隠しきれませんでした。

痒みを我慢しても頭皮からはポロポロと落ちます。

でも親と入浴する年齢でもなかったので相談相手の親も原因が洗髪方法だと気づかないままとうとう脱毛が始まったのです。

忘れもしないある授業中の時、別のクラスの友人が驚いた顔で私を見て髪!と指さして言いました。

何のことか分からず合わせ鏡で見ると頭頂部から不自然なくらい分け目が」沢山あり薄くなっていました。

その日は午前授業だったので泣きながら帰りました。

すぐに親に確認してもらうとべたつきと、きつい香りで気づいたようでシャンプーが原因だと気づきました。

そして石鹸シャンプーに変えよく洗い流すことを徹底し2年が過ぎようやく薄毛から解放されました。

薄毛隠しの不自然なお団子ヘアが暫くやめられなかったのも今では懐かしい思い出です。

シャンプーは猛毒だとの認識を忘れないようにしたいです。