カテゴリー: 口臭

「口が臭いかも…!?」口臭の原因と正しい歯磨きの方法

ふとした瞬間に「なんか口が臭いかも…」と思うことはありませんか?自分の口臭が気になってしまった方に向けて、口臭の原因と正しい歯磨きの方法を解説していきます。

口臭の原因は、病的なものと生理的なものの2種類があります。

評判どう?キラハクレンズを実際に使った私の口コミ&効果!

まず病的なものについては、虫歯や歯周病などの歯の病気が原因と考えられます。その場合、治療をすれば口臭が改善されることがほとんどです。しばらく歯医者に行ってないという方は、ぜひ検診を受けてみましょう。約1時間ほどあれば終わります。

生理的なもののについては、起床時や空腹時、緊張したときなどに口臭が気になる場合が多いです。基本的には唾液が少ないことが原因と考えられます。すぐにできる対策としては、水を飲んだりガムを噛むことです。また、口の中で舌を回したり上下左右に動かして唾液を促す方法もおすすめです。

そのほか、食後すぐに歯磨きをしていたり、歯磨き後に口をすすぎすぎるのも口臭の原因となります。

正しい歯磨きの方法を覚え、口臭の対策をしましょう。

まず大切なのは歯ブラシの選び方です。なるべくヘッドが小さいタイプがおすすめです。なぜなら奥まで届きやすく、歯にフィットしやすいからです。また、ブラシの毛の強さはやわらかいものか普通のものが良いでしょう。ただしいつも強い力で歯を磨いている方は、ブラシの毛がやわらかいものを選んでください。強い力で長期間磨き続けると、知覚過敏を引き起こす原因となります。

いよいよ歯磨きの方法に入ります。歯ブラシに約1cmほど歯磨き粉を出し、歯に垂直になるように歯ブラシを当ててやさしく小刻みに磨きます。小刻みに磨くことで、歯と歯の間の汚れも落ちやすくなります。奥歯の奥まで忘れず丁寧に磨きましょう。

すべての歯が磨き終わったら、少量の水で軽くすすいでください。歯磨き粉に含まれているフッ素を残すため、すすぐのは1回でOKです。多量の水でしっかりすすいでしまうと、せっかく取り入れたフッ素が流れ虫歯のリスクが高まります。

最後に歯間ブラシを行いましょう。歯と歯の間の汚れは歯ブラシだけでは排除しきれません。1日1回、夜の歯磨きのあとだけで良いので毎日続けるのがおすすめです。

口臭の原因はさまざまですが、すぐにできる対策もあります。

これを機に、歯医者に行ってみたり普段の歯磨きの方法を見直してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

口臭対策と歯の見た目対策

口臭はなければない方が、自分のテンションもあがるものです。

アリートの効果を辛口評価!最安値で購入可能な通販サイトは?

今まで口臭対策は舌みがきを頑張ったり、マウスウォッシュを使ってみたり、ガムを噛んで唾液をだしてみたり様々なものを試してきました。しかしこれらの方法は、持続力がなく常に気を使わなければいけないので私には合っていませんでした。

そんな時に口臭対策ではなく、歯の見た目をよくするために歯医者さんでのホワイトニングを始めました。ホワイトニングの方法は歯医者さんでマウスピースを作ってもらい、それを家に持ち帰り薬剤を入れて装着するというホームホワイトニングです。私が使う薬剤は1日に2時間以上装着することで歯が白くなる効果が表れるというものでした。当初は2時間つけておく時間を見つけられるかが課題でしたが、夜ごはん終了後にお風呂に入りながら装着することで時間を取れるようになりました。

歯を白くさせるために始めたホームホワイトでしたが、歯の白さよりも翌朝の口臭の無さにびっくり。なぜ口臭がなくなるのかは分かりませんが、夜の2時間装着するだけで1日口臭を気にしなくても良い上に歯も白くなる!歯の悩みが一石二鳥に解決しテンションがあがること間違いなしなので、オススメです。

口の中の環境をよくすること

口臭を防ぐにはとにかく口の中の環境をよくしようとすることです。

キラハクレンズの効果を辛口評価!

口の中というのは色々な意味は臭いが強くなる理由があるわけです。

それは食べかすであったりとか歯槽膿漏とかで病気が理由であったり、というとがあります。こうしたことに関することなのですがとりあえずできる対策の最大のものとしてあるのは歯磨きです。毎日の歯みがきをしっかり行いましょう。実に地味ではありますがやはりなんといっても効果があることというのはこうしたものになります。

舌苔が多いときなども臭くなることもありますから、それらはブラシなどで取り除くことにしましょう。これはとても良いことですこれはとてもよいことではありますが、自分で行うと舌を傷つけてしまうことがありますから優しくやるようにしましょう。

口の中を洗うということは何と言っても口臭対策には重要になってくるというのは間違いないのですがその場合考えることとしてはブラシと歯磨き粉があります。これをよく考えて決めるようにすることにしましょう。どんなブラシでも良いというわけではなく大きさなどによっても磨き方とかが変わってくるわけですからとても重要なことになります。私はやや固めのブラシにしています。

口臭原因探しと対策方法

年齢を超えると気になり出すのが口臭です。会社でも他の人の身だしなみで気になりやすいところといえば口臭というほどです。毎日歯を磨いているのに口臭が消えないのはいくつかの原因が考えられます。例えば、舌の掃除を忘れているというときです。

http://www.zoumanadiarra.com/

そもそも、口臭の原因になるものは、口の粘膜細胞などが剥がれ落ち舌に溜まって白くなるものです。鏡を見て白いと思ったら、舌の掃除をします。歯ブラシで念入りというよりは優しく撫でるように垢を落とします。少し垢が取れると口臭の度合いもだいぶ軽くなります。また口の中が乾燥すると口臭が起こりやすいので、なるべく水分を取り口を乾燥させないようにします。乾燥すると細菌が増える原因ともなるので、気がけて水分を取ります。

次に原因と考えられるのは何かしらの病気があり口臭を引き起こすということです。

特に歯の病気で恐ろしいのは歯周病です。この病気は、歯茎に炎症が起こり、腫れてくると匂いを発します。

進行すると菌が増殖し歯茎から歯へ影響を与えます。この病気が原因であるとわかるなら、歯科医へ行き検査をしてもらいます。ひどくない段階なら歯の歯石を取り歯の口腔ケア指導をした後様子観察となります。ひどい場合は手術ともなるので早めに検査にいくのが適切です。歯の口臭の原因は様々なので原因を特定したら早く処置をすることができます。

お父さん口が臭いよ!

「お父さん口が臭いよ」

息子を抱っこしてる時に言われました。

そんな事ないでしょ!! 歯磨きも毎日してるし。

息子を降ろし手を口にやって息をはきました。

確かに腐った臭いがしました。

原因を突き止める為、まず歯医者にいき調べてもらいました。

そうすると、タバコと虫歯が原因なのではと言われ治療しました。

歯と歯の間の汚れをとり、歯石をとり、虫歯を完全除去。

これで安心して息子にこれで臭くないだろと自慢げに言うと、

「まだ臭いよお父さん」

少し心が折れました。。。

歳も30歳を越えたし若い時に比べて仕方なくなっているのかなと。

ブレスマイルウォッシュの効果と私の口コミ!販売店で市販されているか調べた結果もご紹介!

しばらくして、職場の健康診断を受けた時でした。

結果は再検査。 病院に行き先生から

「Tさん、最近食べすぎたり飲み過ぎではないですか?」

と言われました。

私はそうでもないですよ。と回答

月に呑みに行く回数や、タバコの本数等を詳しく報告しました。

そしたら先生から一言・・・

「Tさん、胃や内臓がだいぶ悪いです。今から食事環境等を整えましょう」

と。

その時ふと思ったのです!!!

もしかして、口の臭いはこれが原因なのかと。

それから先生に言われた通り睡眠を8時間とったり。

野菜を食べて腸内環境を整える為に、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維を取るようにしました。

それから1年後息子にまた臭いを嗅がせました。(変態ではありません(笑))

そしたら、昔よりかは全然臭くない! たばこの臭いは臭いけど、、、

口臭をチェックする方法

口臭をチェックする方法について書かせて頂きます。

http://coworkniagara.com/

まず結論から言いますと、自分の口臭をチェックできる場面はマスクを付けている時だと思います。

ここ最近、新型コロナウイルスが流行っており、どこかに出掛ける時や人と会う時にはマスクを絶対に付けないといけない状況になってしまっていると思いますが、そのマスクを付けている時に普段と同じように息をするとマスクの中で自分の吐いた息がこもり匂いを確認することができます。

私が実際に経験した事なのですが、当たり前のようにしっかりと寝る前に歯を磨き、次の日の朝も歯を磨いて仕事に行く時は全く何の匂いもしないのですが、寝る前に駄菓子などを食べてしまい、歯磨きをせずにそのまま寝たりしてしまったという事が2.3日程続いてしまった事がありました。いくら朝起きて歯を磨いたとしても、夜磨いてないのが2.3日も続いてしまえば、いざマスクを付けて自分に跳ね返ってくる息を匂うと何かちょっと変な感じがしたりします。

たかが、2.3日歯を磨かずに寝てしまっただけなのにと思いますが本当に大事な事だなと改めて感じました。それ以降、当たり前なのですが気をつけて毎日絶対に寝る前に歯を磨くという事を心がけてやっていると、口臭もなくなり元通りになったと思います。もし、気付くのが遅く、それがもっと長い間続いていたと考えると本当に怖いなと思いましたし、マスクを付けずに生活していたとすると、誰かに言われるまで気づかなかったのかなとも思いました。