贅沢な悩みと言われるけど・・・

世の多くの女性達が、胸の小ささを気にして、1ミリでも胸が大きく見えるよう寄せて上げるブラをつけたり、胸が大きくなるという噂の食材をせっせと食べたりしている中、私の悩みは全くの真逆。胸が大きすぎる!思えば、小学生の頃、母に連れられて行った下着屋さんで、初めてブラのサイズを測ってもらった時ですでにDカップ。

ルルクシェルのナイトブラはお店で市販されてる?店舗での販売状況や効果などをレポートします!

その後思春期でさらに成長し、現在に至ります。中学生の頃などは、大きな胸を男の子達に散々からかわれ、なんとか胸が目立たないようにしようと背中を丸めて生活していた結果、今では立派な猫背になってしまいました。大人になった今でこそ「胸が大きくて羨ましい」と言ってもらえることも多いですが、本人からすれば悪いことの方が多い!

例えば、小さいサイズのブラに比べて、大きいサイズのブラは圧倒的に可愛い柄のものが少ない。下着屋さんの店頭で「これ可愛い!」となっても、大抵はDカップまでのサイズ展開で購入できず、涙を飲むことがほとんどです。

他にも、ワンピースやシャツを買う際のサイズ選びがものすごく難しかったり、いつか垂れることへの恐怖と戦わなければいけなかったり、ゆったりめの洋服を着ると胸に引っ張られてお腹部分が膨らんで見えるからか妊婦さんに間違えられたり、逆にピッタリした服を着るとすれ違う人にジロジロ見られたり・・・

一体どうしたらいいの?状態です。胸が小さめの方からは嫌味に聞こえるかもしれませんが、結論、胸は小さい方がいいのです。グラビアアイドルになりたいとかで無い限り、胸が大きくて得することなんてほとんど無いと思うのです。