20代後半になって気になり出したシミ

10代までは特に気にしたこともなかったシミ

20代後半になり、化粧をする度にシミをカバーするコンシーラーが欠かせなくなりました。シルクリスタ

10代の頃の私は、化粧をする時、若く綺麗な肌にファンデーションを厚塗りし、つけまつげを付け、チークはこってりと塗りたくるなど、とにかく濃いメイクをしていました。

そして、化粧を落とさずに寝ることや、日焼け止めクリームを塗らずに真夏に出かけることは当たり前のような10代でした。

20代後半になり、年相応のメイクをするようになり初めて自分の肌の汚さを気にするようになりました。
改めて気にしてみると、頬に付いたたくさんのシミ、、
気になり出すと止まらなくなりました。

それからというもの、お風呂上がりにはパックをし、美容液、化粧水、乳液を欠かさずするようになりましたが、10代の頃の代償は大きく、シミが消えることはありません。
あの頃ちゃんと紫外線対策をしていたら、、

学生の頃からしっかりと日焼け止めクリームを塗っていたら、、

という後悔は計り知れません。

美容皮膚科などでシミ取りをするお金はありませんし、高級なスキンケアを購入するし、それを継続するお金の余裕もありません。

お肌にとって一番大事なのは、日頃の積み重ねなのだな。と感じました。
10代の頃の私に言いたいです。
紫外線対策をしっかりして、化粧を落として寝てほしい。と。
それを徹底するだけも20代30代になった時の肌はかなり違うのかなと思います。