ストレス解消法としての読書

ストレス解消の方法は色々とありますが、一つとして好きなことに没頭するということことがあります。

私の場合は読書です。あんまり重い読書というわけでもなく単純に娯楽系のものを読むということをしています。歴史好きなのですが基本的にはファンタジー的なものというのがストレスを解消したいと思った時に読むようにはしています。人によっては本を読むことなんてストレス解消になるのではないか、疲れるだけではないかと思うかもしれませんが確かに読後の疲れというのは意外とあったりします。

しかし、その疲れもまた、一つのストレス解消になったりすることでもあります。人によってそういうストレスの解消というのがあって疲れてしまうことであるということもあったりするわけです。

ストレスというのは体力の低下もあり得ることですが、それ以上に精神の休憩がよい、ということになります。そうした点がとても重要なことになります。自分自身がどんなことでストレスを解消できるのかということをよくよく知っておくということが人生のプラスになることになるわけです。それが私の場合はちよっとした読書である、というだけの話です。これは意外と人にもお勧めできたりします。