痛みはある程度我慢できるが、痒みは我慢できない

私は、大人になってからだがアレルギー性の皮膚炎が発症しました。季節の変わり目や、夏の野外やサウナなどの熱く蒸れる場所にいると、あご、首、胸元にかけて、あせものような赤い斑点が無数にでき、無性に痒くなってしまいます。

nicoせっけんの効果は?購入して3ヶ月使用した口コミ&評価を暴露!

ひどいときは、逃避も痒くなり、ちゃんと先発を行っているにもかかわらず、ふけが出てくることもあります。アレルギー検査も考えたのですが、極度の先端恐怖症のため、血液検査まで踏み切れず、何が原因かわからない状態で、今に至ります。部屋やお風呂などで一人でいるときは、気が済むまで手でかいてしまうこともありますが、軽く傷もついてしまいますし、根本的解決にはなりませんし、どうしたものかな、と悩んでいます。

ある人はストレスと言い、ある人は水をたくさん飲んで代謝を上げるといいと言ってくれましたが、これまた解決まで至っておりません。皮膚科に行っても、対症療法的な塗り薬は処方されますが、「こうすれば完治する」という見立てをしていただけません。(前述の血液検査もしようとは言っていただけませんでした)医者を変えるにも気力が萎え、医者自体に行くことを諦めました。誰かが「痛みはある程度我慢できるが、痒みは我慢できない」と言っていたような記憶があるのですが、そのとおりです。同じような悩みを抱えている人はいるのでしょうか。